ハロー貸会議室5つのメリット

メリット1

旧耐震ビルでの運営可能

メリット2

建て替え予定・開発地域での運営可能

メリット3

ビルの活性化
多テナントからの同ビル会議室がある事でのビル利便性の向上

メリット4

長年の空室の解消
(一定の収益あり、無駄な空室期間の無収入化を防ぐ)

メリット5

手間いらず
コスト初期コストがかからない、運営はすべてエリアリンク。

契約の流れ

flow1

お問合せ

flow2

ビル内覧

flow3

オーナー様と
担当者で話し合い

(周辺調査・ビル調査含む・収益調査)

flow3

合意

flow3

契約

賃貸借・業務委託・短期貸しが可能
最短で、10日以内で契約可能

お問合せ

活用事例

1フロアタイプの場合

椅子・机をはじめとした什器と、ホワイトボード等の備品を設置するだけで『貸会議室』の運営が可能となります。
工事は不要ですので、契約〜運営開始まで短期間での準備が可能となります。室内に設置する什器・備品は、当社で準備致します。
ビルオーナー様の手を掛けず、『貸会議室』を作ることが可能です。

部屋の中に柱が無い、もしくは少なく正方形・長方形の形状の場合に1フロアタイプでの稼働が可能になります。
ただし、規模が大きい場合は「造作・壁可動式タイプ」のご提案をさせていただく場合もございます。

現場空室写真

現場空室写真

室内に柱が無い、もしくは少ない会場はニーズが高いです。壁・床の状態も、リピート顧客獲得には欠かせません。

右矢印

什器搬入後

什器搬入後

机・椅子を配置するだけで、空室が『貸会議室』へ生まれ変わります。ビルオーナー様からも、「見違えるようだ」とお喜びの声をいただいております。

造作・壁可動式タイプ

フロア内に可動式の壁(スライディングウォール)を設置し、1フロアに様々な規模の会場を設置します。
壁で区切ることで小・中規模の会場を作り、壁を開放することで大規模の会場を作ることができます。
利用の幅が広がることで、利用者のニーズをより多く取り込むことができ、売上増加に繋がります。

の造作にあたり、工事が発生いたします。費用は当社負担となりますが、契約〜運営開始まで数週間を要します。

現場空室写真

現場空室写真

室内に柱が複数ある場合でも、壁(スライディングウォール)の配置場所を工夫することでウィークポイントが活かせます。

右矢印

什器搬入後

現場空室写真

天井にレールを設置し、手動で稼働可能な壁(スライディングウォール)取り付けます。簡単に開閉ができるため、利用者からのニーズも増えております。

運営方法

無人管理

無人管理

現地にキーボックスもしくは
テンキーを設置

鍵の開閉錠に関しては、お客様自身で対応。
利用後、清掃業者により現場確認を行います。

運営時間

運営時間

基本的には8:00~22:00の
時間帯で運営

※ビルエントランスのオープン希望時間7:30-20:00前後
・利用時間・・・最短3時間からのご利用となります。

よくある質問

  • 質問 出店可能坪数
    答え 20坪〜200坪前後(正方形・長方形が理想⇒柱が多い室内は要相談)
  • 質問 対象の地域
    答え 山手線から山手線園内・・・中央線立川迄相談可
  • 質問 不特定多数の出入りについて、少し不安です・・・
    答え 法人様の利用が殆どですので、節度ある利用をして頂いております。
  • 質問 会議室室内のセキュリティーはどうすればよろしいでしょうか?
    答え 基本的には、鍵のみの設定となり、セキュリティーは解除していただいております。
    ご相談は可能でございます。
  • 質問 解約方法に関しては?
    答え 3カ月前~6カ月前にて受付可能でございます。

お問合せ